東北応援ネットワークWEST JAPAN


東北応援ネットワークWEST JAPANのオフィシャルブログ
by makeawish311
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

カテゴリ:東日本大震災こころの灯火( 1 )

東日本大震災こころの灯火プロジェクトが始動しました

東日本大震災こころの灯火プロジェクトが始動しました。

e0314204_10322632.jpg


東北応援ネットワークWEST JAPAN
東北各地で、こころの灯火を消さないため、あなたの応援を


 
 まず、私たちがこのアクションの実施を決意するに至ったエピソードを紹介します。

「老人と灯火」
金田 諦應(通大寺住職、カフェ・デ・モンク主宰/宮城県)


 2011年2月。その家には喜びが溢れていた。
娘が出産の為に帰省。女の子が誕生したのだ。初孫の誕生に老夫婦は喜び、未来への希望に満ちあふれていた。
 そして3月11日。大地震の後に襲った大津波は老人の妻と娘そして初孫を奪う。たった一人残された老人は仮設住宅の四畳半で暮らす。遅い起床。独りぼっちの食事。そして半日はゴルフの打ちっ放しへ通う。弾道の定まらないゴルフボール。それでも老人はひたすら打ち続けた。

 夏。初盆がやって来た。
 老人は三つの灯火を海へ流す。灯火は風と波にもまれ、それぞれの方向へと流れてゆく。しかし少しずつその距離は縮まり、やがて三つの灯火は寄り添うように一つとなり波の彼方へ消えていく。三つの命の灯火は大きな命の中に帰っていったのだ。
 老人は確信した。あちらの世界でも三人一緒に暮らしている事を。そして少しだけ微笑みが戻って来た。

 三回目の夏がやって来る。
 沢山の命と想いが込められた灯火が流される。
 そしてそれは「あちら」と「こちら」の世界が一つになるとき・・。

e0314204_10325220.jpg



本プロジェクトの目的とあらまし

東北各地では古くより灯籠流しが行われてきました。青森県のねぶた祭りもその一つのバリエーションです。

その灯籠流しが、仏教の宗教行事という枠を超えて、東日本大震災以降、重要な意味を持ち始めています。

未曽有の震災で家族や生活の場を失われた多くの皆様が、自ら立ち上がる力を得る機会、いわばグリーフケア※やこころのケアとして大切なものとなってきました。

※グリーフケア:親しい人を亡くした人がその悲嘆を乗り越えようとする心の努力をグリーフワークといいます。死別に伴う苦痛や環境変化などを受け入れようとすることです。またそれを支援することをグリーフケアといいます。

しかし、傷ついた沿岸部のまちでは、この行事の存続がきびしくなっています。
そこで、私たちは東北の各地で悲しみを胸にする皆様のグリーフケア・アクションを立ち上げました。灯籠への一筆、送り火への参加は、震災で多くを失い、傷つき、悲しみを胸にしながら、今立ち直ろうとする方々の心のケアとして大切な機会となります。
本アクションを通じてこの機会を多くの人たちに広げていきます。

今年の夏は、あなたのこころを東北の川と海に灯しませんか?


背景・経緯
東北6県では古くから灯籠流しがさかんで、本団体が継続的な調査を行ったところ、約50の行事が確認されました。その中には、震災の被災地となった沿岸部のまちも少なくありません。
たとえば7月末に開催される石巻川開き祭り燈籠流しは、東日本大震災以降、全国の奉仕団体からの寄付により、亡くなられた方々の追悼の意味をこめて実施されてきています。家族や知人を亡くされた方々のグリーフケアの意味も大きく、その存続が強く求められています。
東北地方におけるこころのケア活動や児童養育団体の支援に関わってきた東北応援ネットワークWEST JAPAN(京都市)は、今年の灯籠流しを、東北各地で多くの人が参加できる追悼とグリーフケアの催しとして実現させるために支援アクションを展開することとしました。

<東北地方で灯籠流しが行われている地域の例> ※は被災が著しい市町村
青森県
八戸市、平川市、外ヶ浜町、鰺ヶ沢町、深浦町、横浜町、東北町、おいらせ町、風間浦村、階上町
岩手県
大船渡市※、久慈市、陸前高田市※、釜石市※、大槌町※、山田町※、田野畑村、洋野町
宮城県
仙台市※、石巻市※、気仙沼市※、多賀城市※、東松島市※、亘理町※、松島町※
福島県
相馬市※、南相馬市※、いわき市※

ただし中間調査結果・調査は継続中


アクションのめざすこと

より多くの方々が、犠牲となられた家族や知人の追悼の意味を込めながら、ご自身のグリーフワークを行える機会となるよう、灯籠流しの開催に困難を伴う地域の主催団体に、灯籠を提供します。
また、水に還る灯籠や回収が容易な灯籠とすることによって、東北の河川と海の水質を保全します。


アクションの概要

〇一口1,000円(灯籠1個+各被災地での住民参加アクション支援金+事務局経費)で寄付をお願いいたします。目標は5,000個です。

→寄付先はこちら

http://makeawish311.thebase.in/

銀行振り込みの場合
京都銀行 西桂支店(159) 普通 3633654
トウホクオウエンネットワークウエストジャパン


〇灯籠は、沿岸部の灯籠流し(東北6県で約50)の主催団体のうち、被災によって開催に困難が伴う団体(約10か所)へお届けし、住民の皆様へ想いを一筆お書きいただきます。提供先は今後審査会を発足し、厳正なる審査で決定します。


〇本団体からは、灯籠流し当日にボランティアを派遣し、開催を支援します(一部地域)。
灯籠流しの模様は8月以降、専用サイトで皆様にご覧いただきます。


特に重視すること=住民の参加
 本団体は被災地の地域団体へ灯籠を提供するとともに、いっそうの住民参加を促すことをボランティア派遣などによって支援します。このアクションはきわめて重要で、今なおこころが癒されない方のグリーフケアとなります。また、仮設住宅集会所のサロン参加者へ一筆お書きいただくアクションも行います。
灯篭流し当日は例年であれば、かなりの暑さも予想され、高齢者をはじめさまざまな理由で会場にお越しいただけない方々も多いと思われます。海へ流される灯篭を見届けるまでにこころが回復していない方々への配慮も重要です。そういった方々も灯籠に想いを書いていただけるよう、地域団体と連携したアクションを広めます。


実施体制

主催:東北応援ネットワークWEST JAPAN(京都市)
監修:金田 諦應(通大寺住職、カフェ・デ・モンク主宰/宮城県)

協力(他にも順次協力依頼中)
カフェ・デ・モンク、カリタス石巻ベース、NPO法人和、有限会社京四季庵
[PR]
by makeawish311 | 2013-05-19 10:39 | 東日本大震災こころの灯火


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧